海外渡航される方へ

traveling_img_1海外赴任、留学などでペットを海外に連れて行かれる方は、なるべく出国3ヶ月前までにご相談ください。

来院前確認しておくこと

渡航先の受け入れ条件を、大使館もしくはホームページで渡航されるご本人がご確認ください。

(例)
●健康診断(出国何日前までにすませておくべきか)健康診断書の必要性
●狂犬病ワクチン・混合ワクチン(レプトスピラが必要か)
●駆虫薬(ノミ、ダニ、内部寄生虫ほか)

※以上は、渡航先により条件が変わります。

来院時に必要なもの

出国予定日より1年以内の狂犬病ワクチン証明書および混合ワクチン証明書

●渡航先・渡航日・出発地(空港・港)
●どなたが連れて行くか。書類は連れて行かれる方のお名前で統一します。
●出国から2年以内にペットを連れて帰国する予定があるか(一時的な場合も含む)
●マイクロチップをいつ装着したか。

できるだけお早めにご相談ください。

◎以下にリンク先を張りましたので参考にしてください。
動物検疫所 www.maff.go.jp/aqs/animal/