最新ニュース

麻酔について
2019年01月25日

早いもので今年もはや半月が過ぎてしまいました。今年最初のブログですが、テーマは麻酔です。

ペットを飼われている方の半数以上は、実際にペットに麻酔をかけた経験をお持ちだと思います。

去勢、避妊手術、歯科処置、腫瘍の検査や実際の摘出など

様々な用途で麻酔をかけることが必要になります。

当院でも平均すると11件以上の麻酔処置を行っている計算になります。

そのため、麻酔を使って、命に危険は無いんでしょうか?という質問をよく頂きますが、

麻酔はやはり怖いものだと思います。ですから、事前に健康診断、血液検査、

年齢や病気に応じてレントゲン検査、超音波検査を行います。

これらの検査を行うことで、リスクのお話しをすることが出来ます。

 

麻酔をかける年齢は、去勢、避妊手術ではほとんどが成長期に行いますが、

腫瘍の検査や摘出は年齢が中年~高年期が多く、

ほとんどが12才以上で最近では犬で15才以上、猫では17才、18ということも増えて来ました。

それは、当院の特徴でもありますが、定期的に麻酔下で

若いときから歯科や外耳処置を行うことをお勧めしていることがあります。

歯石が付くと口内環境が悪化し、また耳も知らず知らずのうちに外耳炎や中耳炎が進行し、

身体に痛みや細菌感染が広がることがあります。

それが抵抗力を低下させ、他の病気を誘発すことが知られています。

これらを定期的に除去する習慣を作ることが、長生きにつながり、当院での高年齢での麻酔を行う理由です。

猫は3、4才から歯石処置が多くなります。

また犬に比べて歯が小さく、歯石がたまって口臭がするなと様子を見ていると、

歯が簡単に抜けてしまうことが多いです。

普段から歯磨きが難しい猫こそ、定期的、出来れば1年毎の麻酔下での歯石処置をお勧めします。

 

また、短頭種の麻酔が多くなるのは、比較的短頭種に慢性的な外耳炎が多いことがあります。

数年前に、ブルドッグの麻酔をしたことがありますかと質問を受けたことがありますが、

ブルドッグは他の犬種と比べてとても少なく、当院では現在1頭しかいませんが、

フレンチブルドッグやパグは必然的に麻酔をかけることが多くなります。

 

麻酔は、我々が学生時代とは麻酔薬も全く変わり、

あまり詳しい検査が出来なかった時代の懸念や噂が残っていることがあります。

まず飼主の不安を解消することがとても大事です。

ペットは信用している飼主が不安になっていると、そのまま伝わってしまいます。

不安な気持ちはすべて解消は出来ないかもしれませんが、

過度に怖がらすにペットの健康と長生きのために、上手く利用出来れば良いと思います。

ぜひ事前に、どんなことでもご相談下さい。

 

 

 

もうすぐクリスマス!
2018年12月19日
もうすぐクリスマスですね!
クリスマスパーティーをお家でされるご家庭も
多いのではないでしょうかクリスマスクリスマスグッズプレゼントリースチャペルなどが飾られたり、
クリスマスケーキショートケーキチキンレストランなどおいしいものが食卓に並んだりしますが、
わんちゃん犬・ねこちゃん猫がお口にしないよう注意してあげてくださいdouble exclamation
下痢をしてしまったり、食べたものを吐いてしまうことも・・・
中にはわんちゃん犬・ねこちゃん猫の事故に繋がってしまうこともあります。
食べるものやクリスマスグッズのお片付けなど、
季節柄十分お気を付けください!


食べたそうにしているので少しだけ・・・と思っても、
人と同じものを食べさせてあげるのは避けましょう!
もし、何か食べさせてあげるとしたら
犬猫用のもの少しずつ与えてあげてくださいひらめき




わんちゃん犬・ねこちゃん猫と
楽しいクリスマスをお過ごしくださいバースデーリボン




クリスマスキャンペーン
2018年12月11日
こんにちは!
今年ももう僅かとなってきましたダッシュ (走り出すさま)
寒さが厳しくなってきておりますので
皆様体調を崩されぬようお気を付けくださいdouble exclamation


さて、当院ではわんちゃん犬・ねこちゃん猫の歯をキレイに保ち
少しでも長生きをしてもらうため、現在クリスマスキャンペーンとして
歯ブラシ歯磨きペーストをセットで販売しておりますひらめき
通常より約30%お安くご購入頂けますexclamation

今ならグルーミンググローブも
セットでお付けいたします('ω')手 (チョキ)


『 歯磨きの仕方がわからない・・・ 』
『 嫌がってしまう・・・ 』
『 やってあげたいけど家では大変・・・ 』

などなど、様々なご心配などもあると思いますが、
来院時にお申し付けいただければ
歯磨き指導や、歯ブラシをご持参頂いて(またはご購入)当院にて歯磨き
その子にあった歯ブラシの選択などを致しますぴかぴか (新しい)


ご質問などがございましたら
お気軽にスタッフまでお声がけくださいチャペル

 

はにわちゃん誕生!
2018年08月12日

帝王切開にて8月1日18時05分にはにわちゃんが誕生しました犬

290g!

とってもかわいいですね黒ハート

そして、ちくわちゃんがママになりました!

 

 

歯みがきセミナー
2018年07月22日
こんにちは!暑い日が続きますね。

わんちゃんもねこちゃんも熱中症対策をしっかりとしてあげましょう晴れ


さて、先日は当院にて今年2回目の
 ” お家でできる歯みがきセミナー ” を開催いたしましたぴかぴか (新しい)
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました犬!


今回のセミナーでは麻酔下でのスクリーニング、歯石の処置の様子や、
お家で行う歯ブラシの使い方やポイントなどをお話しましたダッシュ (走り出すさま)
待合室のモニターを使ってスライドでの説明や、
診察室では、実際に歯の模型を使って歯みがきの練習なども猫ムード

 




診療で来院された方にも、歯みがき指導を致しますので
ご希望の方は来院の際、受付にてお申し付けくだい!
お家に歯みがきがある方はご持参くださいひらめき


そして次回のセミナーのご案内です!
9月29日(土)お家で出来る健康診断
9月1日から参加受付となります!

みなさまのご参加をお待ちしております

 

ペットの肥満のお話し
2017年10月26日

ここ最近なんとなくふっくらしてきましたが…

寒い季節になってくると、散歩がおっくうになってきたり、短くなったり、猫も家の中で暖かいところを探して、いつも寝ているなんてことが多くなります。
人でもペットでも肥満傾向が目立ってきていることはデータ的にも明らかで、イギリスでは、肥満傾向にあるペットの割合は1986年に24%だったのに対し、2000年には50%以上になっているという報告もあります。
ではなぜ肥満がいけないのでしょうか?まず体重が重いということは、骨格や筋肉、心臓、呼吸器に、本当はかからなくて良い負荷がかけられているということになります。具体的な病名を挙げれば、関節炎や糖尿病、心臓疾患、泌尿器疾患などのさまざまな病気を引き起こす一因は肥満にあるといわれています。”引き起こす一因”です。これは大事なことで、直接的な原因ではなくても、病気が起こりかけたときに病気にしてしまうということです。これは大事なことですから覚えておいて下さい。
では肥満か肥満でないか、どうやって判断するのでしょうか?我々が病院で診断するときには、肥満を客観的に説明しなくてはなりません。そんな時に使うのが、BCS(ボディ・コンディション・スコア)という方法です。お家でも簡単に出来ますので、一度ペットの状態をBCSで把握しておくと、体重の増減を確認しやすいと思います。

20171023_00002_001

20171023_00003_001

猫はお腹に脂肪が付きやすく、体重の増減にBCSが伴わないことがあります。ご来院の際には必ずBCSをチェックしていますのでスタッフにご確認下さい。

肥満改善、肥満防止の目的は最終的には一緒に長生きして暮らすことです。ダイエットを飼い主さんだけの判断で、お食事を制限したり、せっかくダイエット用のお食事を使っているのに体重が減らせていないなどのお話しがたくさんあります。看護師スタッフがお話しを伺いダイエットプランを考えますので、ぜひ一度当院にご相談下さい。

はじめて仔犬、仔猫が家族の一員になる時に注意するポイント
2017年07月05日

初めて我が家に来た仔犬、仔猫はとても可愛くて、ずっと抱いていたくなりますよね。
仔犬、仔猫も遊んでくれる家族ができて、遊びすぎてしまい疲れて体調を崩すこともあります。
お家に来て1〜2週間は遊ぶ時間を決めて、たくさんお休みさせてあげるとことが大切です
仔犬・仔猫が来る前に用意しておくと良いでしょう

 犬
・ゲージ(大きめ)
・ベット(ゲージの中での居場所)
・トイレ、トイレシーツ
・ご飯とお水のお皿
・フード
・首輪、リード
・移動用のキャリーバック

 猫
・ゲージ(大きめ)
・ベット(ゲージの中での居場所)
・トイレ、トイレシーツ
・ご飯とお水のお皿
・フード
・爪とぎ
・移動用のキャリーバック

仔犬、仔猫は環境に慣れてくると活発になり思わぬ事故が起きることがあります
ヒモ類、コード類、紙類、ネギ類、人の食べ物、ゴミ箱の中の物などを食べてしまうと大変危険です。
事前にお家の中を確認しておいて下さい
普段気にしない所でも、例えば高さ5、6㎝の所でも上り下りをしていて足をくじいたり、最悪足が折れることもあります

ペットショップなどで購入時に受ける説明はまちまちで、統一した決まりはありません。
飼い始めたらなるべく早く動物病院に連れて行き、全身の健康診断を受け、アドバイスをもらいましょう。
これは1匹1匹環境も変わり、飼い方も変わりますので、分からないことは何でも聞いて下さい。
もちろん相談は飼い始めてから何回でも大丈夫です
ペットとの暮らしは最初は、戸惑いの連続かもしれませんが、後になればいい思い出になる事でしょう。
すぐに大きくなってしまうので、なるべくたくさんの写真や動画を残しておきましょう。
あとできっと家族の宝になります(=゚ω゚)ノ

うっかりが大事故に
2017年05月31日

今日は異物接種についての話です!
異物摂取の半分以上は、原因不明で来院されます。

何か咥えてる?食べちゃった?こんな経験は、
ペットをお飼いの方ならどなたでも経験されたことがあると思います。

動物はストレス解消遊びの一環として、あるいは飼い主の気を引くために
おうちの中や散歩中など、多くのものに興味を示し、
何かを見つけては舐めたり、口にすることがあります。

身近にある犬や猫が食べると危険な植物の代表的なものです。

<犬・猫に有害な植物>

・パンジー
・フクジュソウ
・アサガオ
・チューリップ
・ユリ

人用の常備薬も気がつくと口にしていることがあります。
ペットと人間では薬の効き方が違う物があります。
薬は出しっ放しにせず必ず保管箱にしまうようにして下さい。

歯磨きガムをそのまま飲み込んで食道に詰まり、手術になったこともあります。
堅いおやつや身体に良さそうに書かれているおやつでも、
普段から食事を急いで食べてしまう子には与えないようお気をつけください。

また、ペットがゴミ箱をのぞいている事はありませんか?
ゴミ箱の中身を誤って食べてしまうと腸閉塞になることもありますので、
届きそうなところから移動するのが難しい場合は、
ゴミ箱はロック付きのものを選んで頂くと良いかもしれません。

<誤飲・誤食が多い物>

・竹串
・アクセサリー類
・コードやケーブル類
・タオルや靴下
・魚の骨
・ティッシュペーパー

散歩をするときにも注意が必要です。
草や砂の中に埋もれた異物釣り針などを誤食したり、季節的にナメクジの駆除薬、
除草剤がまかれた草が枯れた場所にたまった雨水を飲むと、
急に倒れたり、口から泡を吹いたりすることがあります。
その可能性があるときもすぐに病院に連れてきてください。

誤食行動はストレスからくることもあります。
お休みの日にはたくさん遊んで、散歩に出かけるなどのストレス発散も大事なことです。
食事の量も時々確認してあげてください。物足りない、でも体重が‥‥。
ダイエット食が動物病院にありますので、食事量で満足感を出すことにも使えますので、スタッフにご相談ください。

万が一、おしりからひも状のものが出たり、口の中に何か入っていたり、
吐き気が続くような症状も異物が原因のことがあります、
無理に取り出そうとせずに、早めに動物病院に来て下さい。